水栓柱・散水栓の水漏れ・つまり、即日修理します!お見積り0円 出張費0円 深夜割増0円

\おかげさまで累計対応件数100万件突破/
「お急ぎの方はお電話ください!」水漏れ・つまり・修理お電話一本ですぐにお伺いします!通話料無料 0120-882-333【受付時間】24時間365日対応|お見積り0円・出張費0円・深夜割増0円
「お急ぎの方はお電話ください!」水漏れ・つまり・修理お電話一本ですぐにお伺いします!通話料無料 0120-882-333【受付時間】24時間365日対応|お見積り0円・出張費0円・深夜割増0円
「WEB限定割!」最大3,000円割引 詳細はこちら

水栓柱や散水栓も蛇口を設置して水を流している以上、水漏れやつまりが起こり得ます。水栓柱や散水栓の場合、他の水道よりも気づきにくいです。なぜなら屋外に設置されているからです。なので、普段から定期的にチェックしましょう。

水栓柱・散水栓の水漏れ・つまりを発見する方法
水栓柱・散水栓の水漏れ・つまりはなかなか気づきにくいものです。普段から庭や畑で使用している方はともかく、毎日使用しているものではないからです。しかし、気づかないと、いつの間にか水道料金が非常に高くなってしまったという事にもなりかねないので、早期発見できるポイントを押さえておきましょう。

・水道メーターの変化を見る
・水栓柱・散水栓の周りの土の変化を見る

一番気づきやすいのは水道メーターの変化です。普段と使用量がそこまで変わらないので水道料金が上がった場合は家のどこかの水漏れを疑うでしょう。家中を見てもどこの水漏れかわからない場合は家の水道を一度全て止めてください。それでも水道メーターが上がる場合は水栓柱・散水栓の水漏れを疑ってください。

水栓柱・散水栓から水漏れが起きている場合、周りの土に水溜りがあるか、湿っているはずです。天気が良いにも関わらず、周りの土が湿っている場合は水栓柱・散水栓の水漏れである可能性が高いのです。

水栓柱・散水栓の水漏れ・つまり修理内容

水が止まらない。

3,000円〜

水が出ない。

3,000円〜

地面から水が漏れる音がする。

8,000円〜

水栓パンが詰まって流れない。

5,000円〜

家中の水が出ない(水抜栓破損)

3,000円〜

選べるお支払い方法

急なトラブルでの支払いにも安心してご利用頂きたく、各種クレジットカード払いや後払い、銀行振込、PayPayでの支払いに対応しております。

各種クレジットカード払い
後払い
モバイル決済(PayPay)
その他
現金支払い
銀行振込

ご相談から作業完了までの流れ作業の流れの詳細はこちら

ご相談からお見積りは無料です!※キャンセルの場合も、費用は発生いたしません。

  • 1
    ご相談
    水トラブルのことなら何でもご相談ください!
  • 2
    現場調査
    専任のスタッフが現場を調査させて頂きます。
  • 3
    お見積り
    現場調査を元に、お見積り額を算出し、ご提示させて頂きます。
  • 4
    作業開始
    お見積りにご納得頂きましたら、ご契約となり、作業を開始させて頂きます。
  • 5
    作業完了
    作業完了後、作業費用のお支払いをお願い致します。

水栓柱・散水栓の水漏れ・つまり修理に対応しているエリア

※一部対応できないエリアがあります。
※随時対応エリアを拡大しております。詳しくはお問い合わせください。

水栓柱・散水栓の水漏れ・つまり修理に関するよくあるご質問

Q水栓柱の蛇口の根元と柱の間から水漏れを起こしています。
A蛇口を取り付けている柱と蛇口の間から水漏れを起こしている場合は、蛇口と柱や壁の間に隙間が空いているのが原因の可能性があります。
蛇口を取り付ける際、どうしても隙間はできてしまうものですが、この隙間を塞いでいたテープやゴムパーツが劣化しているかもしれません。
水漏れ防止テープを巻いたり、ゴムパーツを取り替えたり、耐水性ボンドなどで水漏れしている隙間を塞ぎましょう。
Q蛇口が破損してしまいました。
A蛇口が破損した場合は、ホームセンターに部品が売っているため自分で交換が可能です。
交換する際は、まず水の元栓を閉めて完全に水を止めましょう。
蛇口は反時計回りに回すと取り外すことができます。
取り外した後は、新しい蛇口に水漏れ防止テープを巻き、取り付けた際に隙間ができないように注意します。
テープを巻いた後は時計回りに新しい蛇口を取り付けるだけですが、ねじ込みすぎないように意識してください。隙間がなく、ぐらつきがなければ元栓を開き水を出し、問題がなければ完成です。
Q水が出てこなくなりました。
A水栓柱・散水栓から水が出てこない時は、元栓が開いているか確認してください。
元栓が開いている状態で水が出ない場合は、蛇口に汚れが詰まっていないか確認し、取り除きましょう。
サビや劣化がひどい時は交換が必要となります。
また冬など気温が著しく低い時は内部に残った水が凍ってしまった可能性があります。
その場合は、蛇口にタオルを巻きお湯をゆっくりと流して少しずつ氷を溶かしていきましょう。
Qカバーナットから水漏れを起こしています。
Aカバーナットから水漏れを起こしている場合は、蛇口に不具合が発生している可能性があります。
まずは蛇口全体のパーツをよく締め直しましょう。
それでも解決しなければ、蛇口本体を丸ごと取り替えるか、蛇口を分解し、カバーナット下のゴムパッキンを取り替えましょう。
カバーナットが錆びている時はカバーナットごと取り替えます。
それでも解決しなければ排水管に異常をきたしている可能性があるため、業者に依頼しましょう。
Q蛇口の先端から水がポタポタと垂れてきます。
A水栓柱・散水栓の蛇口の先端から水漏れを起こしている可能性があります。
蛇口全体のパーツをよく締め直し、それでも改善しなければ内部のパッキンが劣化・破損しているかもしれません。蛇口を取り外し原因箇所が判明したならばパーツを交換しましょう。
また、水栓の破裂による水漏れが原因であれば、蛇口だけでなく水道管の修理が必要となるため、自分で修理せず業者に依頼してください。

水栓柱・散水栓の水漏れ・つまり修理に関するお客様の声

これで庭掃除ができます!和歌山県紀の川市在住 安川様
庭掃除中にホースで水を出していたら突然水が出なくなったので、おかしいと思い色々やってみたのですが、全然出ないので、水のトラブルサポートセンターさんに修理のお願いをしました。早速きてもらい、作業をしてもらったのですが、すぐに直ってびっくりしました。
これで庭掃除ができます!ありがとうございました。

水栓柱・散水栓の水漏れ・つまり原因

水栓柱・散水栓は外にあるので、様々な危険に晒されています。どんな事が原因で水栓柱・散水栓から水漏れ・つまりが起こるのか原因をチェックしておきましょう。水栓柱・散水栓から本当に水漏れ・つまりが起こっているかどうかも原因を知っていれば確認できるでしょう。

蛇口から水漏れが起きている

蛇口から水が止まっていない、蛇口から水漏れが起きている場合は蛇口の部品の劣化・損傷が起こっています。パッキンやバルブの劣化・損傷や蛇口そのものの取り付けが悪い場合もあります。



水栓柱や散水栓は自動車をぶつけるなど物理的な衝撃で故障してしまう可能性が高い場所です。放っておくと庭などが水浸しにどんどんなってしまうので早期に発見するようにしましょう。

水栓柱や散水栓の配管が劣化・損傷している

水栓柱や散水栓の配管が劣化・損傷する事で水漏れが起きます。水栓柱・散水栓の下に水溜りが出来たり、土が湿っていたりした場合は配管が劣化・損傷している可能性が高いです。



水栓柱や散水栓は普段、日常的に使用しない方が多いでしょう。その分、気づきにくい箇所でもありますが、水道代が高くなったのに家の中の水漏れがない場合は水栓柱・散水栓の水漏れを疑ってください。

水栓柱・散水栓の水漏れ・つまりの直し方

水栓柱や散水栓は自分で直せる場合もあります。直し方を押さえた上で自分で直せる箇所は直してしまいましょう。もちろん、不安な方は業者に全てお任せしても良いです。細かい修理でも引き受けてくれるのでまずは相談してみましょう。

自分で修理できる水栓柱・散水栓の水漏れ・つまり

蛇口や蛇口と配管の接続部分の取り付けが緩くなりグラグラしている場合があります。この場合は締め直せば良いだけなので、ナットやネジを締め直しましょう。きちんと締め直せば水漏れが解消するはずです。



また、蛇口本体内部のパッキンが劣化している場合も自分で交換する事が可能です。ただし、蛇口の内部は複雑な構造となっているので、よくわからない場合は業者にお任せした方が良いです。

業者に依頼する水栓柱・散水栓の水漏れ・つまり

配管やバルブを交換する場合は自分で行うことは難しいです。業者に依頼して交換してもらうようにしましょう。また、事故など物理的な衝撃によって故障している場合は原因も何箇所かある場合があります。故障箇所の確認からお任せしましょう。

水栓柱・散水栓の水漏れ・つまりの業者

水栓柱・散水栓の水漏れやつまりを修理してもらう業者を選ぶポイントをここからご紹介します。水栓柱や散水栓はきちんと修理を行わないと悪化して庭中が水浸しということにもなり兼ねません。きちんと信頼できる業者に依頼しましょう。

水道局指定工事店に依頼する

給水や排水に関わる工事は市町村の水道局が指定する工事店が行わないといけないと法律で決まっています。水栓柱や散水栓は給水や排水に関わる工事になる可能性も高いので、水道局指定工事店に依頼しましょう。



市町村でリストアップして一般の方でもチェックできるようになっているはずです。自分できちんと探して依頼してください。

地元エリアの業者に依頼する

水栓柱や散水栓は一度修理してもまた配管が劣化・損傷してしまったり、蛇口の部品の交換が必要になったりと定期的に修理やメンテナンスが必要となる可能性が高いものです。地元エリアの業者に依頼して今後も修理してもらえるように関係性を構築しておきましょう。



地元エリアの業者であればアフターも見てくれます。業者によっては定期的に点検やメンテナンスのために訪問してくれる業者もいるので活用して、気づきにくい水栓柱や散水栓の故障に早く気づくようにしておきましょう。