静岡県水漏れ・つまり・修理

\おかげさまで累計対応件数100万件突破/
「お急ぎの方はお電話ください!」水漏れ・つまり・修理お電話一本ですぐにお伺いします!通話料無料 0120-882-333【受付時間】24時間365日対応|お見積り0円・出張費0円・深夜割増0円
「お急ぎの方はお電話ください!」水漏れ・つまり・修理お電話一本ですぐにお伺いします!通話料無料 0120-882-333【受付時間】24時間365日対応|お見積り0円・出張費0円・深夜割増0円
「WEB限定割!」最大3,000円割引 詳細はこちら

静岡県の対応エリア

浜松市
※現在、浜松市内のみ対応可能地域になります。

※一部対応できないエリアがあります。
※随時対応エリアを拡大しております。詳しくはお問い合わせください。

サービス紹介

静岡県のお客様の声

とにかくありがとうございました!

静岡県浜松市在住 近藤様

キッチンの蛇口からお湯が出なくて困っていましたが、以前も依頼したことがある水のトラブルサポートセンターさんに今回も依頼することにしました。やはり素早い対応と丁寧な作業ですぐ直りました。助かりました!

良心的な対応にとても感謝しています。

静岡県浜松市在住 赤崎様

担当してくださった方の良心的な対応にとても感謝しています。また困ったときは、彼を呼びたいと思います。ありがとうございました。

安心してお願いすることができました。

静岡県浜松市在住 小石様

初めてのときは作業は無かったのですが、丁寧に対応してくださり、2回目も同じ方が来られて安心してお願いすることができました。

適切な言動・人柄で安心してお任せできました。

静岡県浜松市在住 月原様

主人が出張中で不安でしたが、適切な言動・人柄で安心してお任せできました。マンションの管理会社や管理人さんに一応連絡してみましたが、手元にマグネット広告をもっていたので、急ぎ「シンエイ」様に決めました。良かったです。ありがとうございました。

とても気配りが行き届いた方でした。安心してお任せできました。

静岡県浜松市在住 里井様

担当してくださった方はとても感じが良くて約束の時間に遅れる際にもきちんと連絡の電話と説明していただき、作業の説明も分かりやすく、とても気配りが行き届いた方でした。安心してお任せできました。またお願いしたいと思います。

静岡県で水漏れ・つまりなど水道のトラブルがあった際にはすぐに水のトラブルサポートセンターでご連絡ください!

浜松市を対応エリアとして最短20分で駆けつけて修理をします。水漏れ・つまりなど水道のトラブルについて様々なケースに対応することができます。

庭やエクステリアに欠かせない水栓中・散水栓が故障してしまったら?

静岡県は年間快晴日数全国2位、年間日照時間全国7位を取ったこともある全国でも有数の天気が良い県です。

天気が良い環境の中で庭を設けている住宅が多いのも静岡県の特徴。住宅にこだわりを持っている方は静岡に多く、実は全国展開をしているハウスメーカーの本社が多いのも静岡県なのです。

庭やエクステリアを設けている一戸建てで欠かせないのが水栓中や散水栓といった外で使用する水道でしょう。庭に植えている花に水をあげたり、エクステリアでマイカーを洗車する時にも活躍します。

しかし、水栓中や散水栓は外にあるだけあって他の水道よりも過酷な環境の中にあります。そのため、劣化や損傷を起こしやすく故障してしまう可能性も十分にあるのです。今回は水栓中や散水栓が故障してしまった時にどのように対処したら良いかをご紹介します。

水栓中・散水栓のトラブルごとに対処法を紹介

蛇口がグラグラしている

水栓中や散水栓は長年使っていると蛇口がグラグラしてきます。特に立水栓と呼ばれるように蛇口をある程度動かす事ができるようなタイプは取り付けが悪くなりやすいです。

グラグラしているだけであれば自分で修理を行う事ができます。ナットが緩んでいる事が原因のほとんどなので緩んでいるナットを締め直してあげれば良いのです。ナットの緩みを放置しておくと水漏れに繋がります。そこまで難しい作業ではありませんので自分で締め直してしまいましょう。

蛇口から水漏れを起こしている

蛇口から水漏れを起こしている場合、蛇口内部のパッキンの劣化・損傷が原因なのか蛇口そのものが損傷を起こしているかで対処方法が変わってきます。

蛇口内部のパッキンの劣化・損傷の場合は自分で交換を行うこともできます。蛇口を分解した時にパッキンから水漏れをしているのであれば同じパッキンをホームセンターで購入してきて交換しましょう。

蛇口そのものが損傷を起こしている場合は自分での交換は難しいです。業者に相談して直すようにしてください。水漏れを起こしたままだと水道代がかさんでいくのですぐに修理した方が良いでしょう。

水栓中や散水栓は外にあるので自転車の衝突など損傷を受ける可能性が高いです。ほとんど使用しない場合でも定期的に水栓中・散水栓の様子は見るようにしましょう。

水栓中や散水栓の配管から水漏れを起こしている

水栓中や散水栓の下に水たまりができたり土がずっと湿った状態になっていると土の下にある配管で水漏れを起こしている可能性があります。配管の劣化・損傷による水漏れは自分で修理することは出来ません。必ず水道修理工事の業者に依頼して修理するようにしてください。

もし自転車・自動車の衝突によって水栓中・散水栓に損傷を起こした場合、見た目では蛇口の損傷のみだとしても実は配管までダメージを受けていることもあります。

配管のダメージは自分で見ても気づかないケースが多く、気づいたら水漏れを起こして水道のメーターが上がっていたということもあるのです。事故が起こった時には点検も含めて一度業者に見てもらった方が安心なのです。

水のトラブルサポートセンターでは細かい修理工事から丁寧に行なっており、安心して依頼することが出来ます。
水回りの修理工事の専門家として点検から修理まで行なっていますので、水道の故障が起こった際にはぜひご連絡ください。