\おかげさまで累計対応件数100万件突破/
「お急ぎの方はお電話ください!」水漏れ・つまり・修理お電話一本ですぐにお伺いします!通話料無料 0120-882-333【受付時間】24時間365日対応|お見積り0円・出張費0円・深夜割増0円
「お急ぎの方はお電話ください!」水漏れ・つまり・修理お電話一本ですぐにお伺いします!通話料無料 0120-882-333【受付時間】24時間365日対応|お見積り0円・出張費0円・深夜割増0円
「WEB限定割!」最大3,000円割引 詳細はこちら

三冠獲得

皆様からのご支援・ご愛顧を承りあらゆる評価で
1位を獲得することができました。これからもより一層の
サービス品質向上を目指し、精進して参ります。※実査委託先ゼネラルリサーチ(2018年10月調べ)

顧客満足度 口コミ評価 価格満足度 第1位

サービス紹介

※施工内容により追加作業費や部品代金が別途発生する場合がございます。作業前に必ずお見積りをご提示いたします。

※全ての表記料金は、消費税を含まない税抜表示です。

※別途基本料金が発生いたします。

初めての方へ

水のトラブルサポートセンターが選ばれる理由選ばれる理由の詳細はこちら

  • 1
    累計対応件数
    100万件以上
    おかげさまで水のトラブルサポートセンターは累計対応件数100万件を突破しました!
  • 2
    お見積り0円、出張費0円
    深夜割増0円
    ご依頼に際し、より気軽にご相談頂けるようお見積り、出張費、など無料にしております。
  • 3
    24時間
    365日
    対応
    年中無休で24時間対応しているので、急なご依頼でも迅速に対応することができます。
  • 4
    WEB限定割!
    最大3000円割引
    LINE会員もしくはホームページを見たとお電話の際にお伝え頂ければ、作業料金から割引させて頂きます。
  • 5
    クレジットカード対応
    後払い対応
    お支払い方法はお客様のご希望に合わせてクレジットカードでのお支払いや、後払いなど幅広い決済方法がご利用頂けます。
  • 6
    無料保証制度
    1年~5年
    取付器具・施工も安全の1〜5年間の無料保証付きなのでアフターサービスも万全で安心!
  • 7
    PL保険加入
    当社はお客様の安心と安全、そして信頼をより強固にするため、PL保険に加入しています。
  • 8
    クーリング・オフ制度
    の採用
    お客様に安心して当社サービスをご利用頂くために、クーリング・オフ制度を採用しております。
サービス料金の
ご案内

各修理箇所ごとの
サービス料金を
一覧でご案内いたします。

サービス料金の詳細はこちら

ご相談から
作業完了までの流れ作業の流れの詳細はこちら

ご相談からお見積りは無料です!※キャンセルの場合も、費用は発生いたしません。

  • 1
    ご相談
    水トラブルのことなら何でもご相談ください!
  • 2
    現場調査
    専任のスタッフが現場を調査させて頂きます。
  • 3
    お見積り
    現場調査を元に、お見積り額を算出し、ご提示させて頂きます。
  • 4
    作業開始
    お見積りにご納得頂きましたら、ご契約となり、作業を開始させて頂きます。
  • 5
    作業完了
    作業完了後、作業費用のお支払いをお願い致します。

水トラからのお知らせ一覧を見る

  • テレビCM放映中

  • 会社紹介動画

  • テレビに取り上げられました!

水漏れ・つまりなどの故障の原因を知っていますか?

トイレやキッチン・お風呂で起こる、水漏れやつまりの原因をみなさん知っていますか?原因を知っていれば故障に早く気づくこともでき、修理もスムーズに行えるので水漏れやつまりの原因を知っておきましょう。

水漏れの原因

トイレやキッチン・お風呂の水漏れは主に部品の劣化によって起こります。つまり、古い家であればあるほど水漏れが起こりやすいのです。ただし、どの部品が劣化しているかは水漏れ箇所によって変わります。

トイレの水漏れはパイプ・床・タンク内で起こるケースがほとんどです。パイプの場合は結合部であるナットやパッキンの劣化によるものが多く、床は床と便器の接合部がずれることによっても起こります。タンク内の水位を調節するボールタップが劣化していることが多く、常に水が流れてしまうので水音が止まないようであれば注意しましょう。

キッチンの水漏れはシンクやシンク下からの水漏れがほとんどです。どちらにしても排水管やパイプの劣化によって水漏れを起こしたり、排水管のつまりが酷くなることで結果的にシンクから水漏れを起こしたりします。ただ、どの部品が原因になっているかは素人には難しいので修理をする際にはプロに任せましょう。

お風呂の水漏れは様々な箇所で起こる可能性があります。まず一目でわかるものとしては蛇口やシャワーヘッドから起こる水漏れです。蛇口やシャワーヘッド自体が劣化しているので交換しましょう。他には壁と蛇口の間から水漏れするケースや浴槽のひび割れによって浴槽から水漏れするケースもあります。

つまりの原因

トイレやキッチン・お風呂で起こるつまりは水漏れと同様に部品の劣化によっても起こりますが、日々の生活で出るゴミが原因となる場合も多くあります。この場合、日々の生活で注意するだけで故障を防ぐことも出来るのでチェックしておきましょう。

トイレのつまりは固形物が便器や排水管で上手く流れないことによって起こります。排泄物が便器で詰まった場合、ラバーカップ(すっぽん)を使用することで取り除くことが出来ますが、そうではない場合もあります。便器ではなく排水管の奥の方やトイレのタンク内で起こる場合もあるのです。

キッチンのつまりは排水管に生ゴミなどが詰まることで起こるケースが多いです。キッチンは固形物が流れていきやすい箇所なので、固形物が流れないようにネットやゴミ取りなどを設置するなどの工夫を行いましょう。

お風呂でのつまりもキッチンと同様に排水管にゴミが溜まることで起こるケースが多いです。お風呂では髪の毛が原因となるので、キッチンと同様に髪の毛や固形物が流れないようにネットやゴミ取りなどを設置するなどの工夫を行いましょう。

水漏れ・つまりなどの故障の修理を依頼する前に

トイレ・キッチン・お風呂で水漏れやつまりが起こったときに慌てて修理を依頼する前に準備が必要になります。業者に故障の修理を依頼する前に自分でも出来ることや、やっておいた方が良いことがあります。

水漏れ・つまりの原因を把握する

トイレ・キッチン・お風呂で水漏れやつまりが起きた時にはまず2点確認します。それは水漏れの原因と水漏れが起こっている箇所です。水漏れ・つまりの原因を把握することで、業者への相談がスムーズに行えます。

業者に修理を依頼する時には概算見積もりを出してくれて大体の料金を把握するのですが、これは使用する部品や修理の方法によって金額がかなり変わってきます。見積もりを正確にするためにも水漏れ・つまりの原因を把握しておくことは非常に重要なのです。

ただし、水漏れをひどくしてしまう行為は避けましょう。例えばトイレで水漏れが起こった時に原因を把握するためにもう一度レバーを引いてトイレを流してみる方がいます。これは水漏れをひどくしてしまいます。また、修理で済んだものが水漏れがさらに起こることによって部品の交換をしなければならないこともあります。慌てて水を流すのはやめましょう。

自分でも直してみる

水漏れやつまりといった故障が起こった時には業者に修理の依頼を出すと確実に直してくれるでしょう。しかし、実は業者に修理を依頼しなくても自分で直せてしまう故障もあります。

例えば、固形物が排水管に詰まってしまって水漏れやつまりが起きている場合は自分でも直せるケースがあります。トイレで排泄物が詰まっているときはラバーカップ(すっぽん)を使用すれば取り除けるかもしれません。また、キッチンやお風呂でつまりが起こった場合でも生ゴミや髪の毛が排水管に詰まっているケースは非常に多いです。パイプの洗浄を行うと解消する場合もあり、洗浄するための薬剤はホームセンターなどで販売されています。

もちろん、このような時でも業者に修理を依頼すれば確実に修理してくれます。しかし、余計な金額がかかってしまうので自分でも直せそうな場合は直してみてはいかがでしょうか。

ただし、パッキンの交換やナットの交換などは慣れていない方が行わない方が良いケースもあります。部品の修理・交換が必要になった場合は業者に修理を依頼しましょう。二次被害や今後また水漏れ・つまりが起こるということも防いで点検してくれるので、その後も安心して使用することができます。

トイレ・キッチン・お風呂で水漏れ・つまりが起こった場合は業者に修理を依頼する前にぜひ原因の把握と自分で直せるかどうかの判断を行ってみてください。

水漏れ・つまりなどの故障の対策はされていますか?

トイレ・キッチン・お風呂では水漏れやつまりといった故障が起きてしまうことが少なくありません。しかし、水漏れ・つまりは普段から対策を行っておくことでかなり予防をすることができます。ぜひ普段から水漏れ・つまりといった故障が起こらないための対策をしておきましょう。

固形物を出来るだけ排水管に流さないようにする

トイレ・キッチン・お風呂でのつまりやつまりによる水漏れの原因で多いものとして固形物が排水管によって詰まるという事が挙げられます。つまり、普段から固形物を流さないようにするだけでつまりの予防となるのです。

トイレの場合は排泄物とトイレットペーパー以外を流さないようにすることが対策となります。お風呂では髪の毛がつまりの原因となります。ネットなどを排水口に設置する事で髪の毛を流れないようにしておくと起こりにくくなります。また、定期的にぬめりやサビ取りを薬剤によって解消しておくと髪の毛が引っかかりにくくなるのでつまりを予防することができます。

キッチンの排水口は生ゴミなどの固形物の他に油もつまりの原因となります。排水口にゴミ受けやネットを設置する事が大事なポイントとなります。設置する事でゴミが排水口まで流れないようにしてください。目が粗いゴミ受けだと細かいゴミが流れてしまうので、ネットも設置しておくと安心です。

排水口に油を流してしまうと排水管で固まってしまいつまりの原因となります。揚げ物をした際の油を流さないようにすることはもちろんですが、通常の洗い物でも油汚れが多い場合には対策を行いましょう。油は熱で溶かすことができるので、熱湯を最後に流すことで防ぐ事ができます。1〜2リットルの熱湯をそのまま流してあげてください。

排水管やパッキン、ナットの劣化をチェックしておく

水漏れの原因の多くは排水や給水に使用する部品の劣化です。この劣化を防ぐことは非常に難しいので根本的な対策はありません。しかし、日々部品をチェックしておくことで大規模な水漏れを防ぐことはできます。

水漏れは放っておくとカビやシロアリなどの原因となってしまいます。また悪臭を放つこともあり、初期段階で修理や部品の交換を行うことが二次被害を防ぐためにも非常に重要です。しかし、キッチンのシンク下などはなかなか普段あまり見ることがないので、水漏れに気づかずに被害が拡大しているケースも多いです。

そこで、普段から定期的にキッチンのシンク下やトイレのタンク、お風呂の排水口など水漏れ・つまりが起きやすい箇所はチェックしておきましょう。こまめにチェックして排水管やパッキン・ナットの劣化を知っておくことで早期に水漏れ・つまりを発見することができます。

水のトラブルサポートセンター公式アプリ登場!!突然起こる水のトラブル時にお役立ち!