給湯器の水漏れ・トラブル、即日修理します!お見積り0円 出張費0円 深夜割増0円

\おかげさまで累計対応件数100万件突破/
「お急ぎの方はお電話ください!」水漏れ・つまり・修理お電話一本ですぐにお伺いします!通話料無料 0120-882-333【受付時間】24時間365日対応|お見積り0円・出張費0円・深夜割増0円
「お急ぎの方はお電話ください!」水漏れ・つまり・修理お電話一本ですぐにお伺いします!通話料無料 0120-882-333【受付時間】24時間365日対応|お見積り0円・出張費0円・深夜割増0円
「WEB限定割!」最大3,000円割引 詳細はこちら

給湯器の水漏れ・つまりは給湯器がどの場所に設置されているかで原因になる要素が変わってきます。給湯器が設置されているのは主に2つの場所です。

・屋外や洗面所に独立して設置
・浴室内やキッチンに直接設置

屋外や洗面所に独立して設置されている場合は給湯器から水漏れが起こっている場合、給湯器が原因となるので原因の把握は非常にしやすいです。しかし、浴室内やキッチンに直接設置されている場合は給湯器の他に蛇口やホースとの接続部分から水漏れが起きている事もあるので原因の把握がしにくいのです。

給湯器の水漏れ・つまりの修理
給湯器で起こる水漏れ・つまりの原因は以下のようなものがあります。

・給排水管の損傷
・パッキンなどの劣化
・安全弁の故障

これらは素人が修理・交換しようとしても非常に難しいものです。給湯器で水漏れやつまりが起こった場合は素人には修理が難しいので業者に依頼してきちんと修理をしてもらうようにしましょう。

給湯器が屋外に設置されている場合、劣化も激しくなりやすいので故障をしてしまう前に定期的に点検をしてもらうことが大事なポイントとなります。

給湯器の水漏れ・トラブル修理内容

給湯器の下が濡れている。

3,000円〜
調査作業にかかる費用となります。

給湯器の下のホースから微量に水が漏れている。

3,000円〜
調査作業にかかる費用となります。

給湯器の中から、大量に水が漏れている。

3,000円〜
調査作業にかかる費用となります。

給湯器と室外機との間のホースから水が漏れている。

3,000円〜
調査作業にかかる費用となります。

お湯の温度が上がらない(お湯が出ない)。

3,000円〜
調査作業にかかる費用となります。

選べるお支払い方法

急なトラブルでの支払いにも安心してご利用頂きたく、各種クレジットカード払いや後払い、銀行振込、PayPayでの支払いに対応しております。

各種クレジットカード払い
後払い
モバイル決済(PayPay)
その他
現金支払い
銀行振込

ご相談から作業完了までの流れ作業の流れの詳細はこちら

ご相談からお見積りは無料です!※キャンセルの場合も、費用は発生いたしません。

  • 1
    ご相談
    水トラブルのことなら何でもご相談ください!
  • 2
    現場調査
    専任のスタッフが現場を調査させて頂きます。
  • 3
    お見積り
    現場調査を元に、お見積り額を算出し、ご提示させて頂きます。
  • 4
    作業開始
    お見積りにご納得頂きましたら、ご契約となり、作業を開始させて頂きます。
  • 5
    作業完了
    作業完了後、作業費用のお支払いをお願い致します。

給湯器の水漏れ・トラブル修理に対応しているエリア

※一部対応できないエリアがあります。
※随時対応エリアを拡大しております。詳しくはお問い合わせください。

給湯器の水漏れ・トラブル修理に関するよくあるご質問

Qお湯が出ません。
Aお湯が出ないのが1箇所であれば、その場所の給湯栓が閉まっているか、蛇口に問題がある可能性があります。
給湯器を開き、蛇口のパーツを確認してください。
パッキンが破損していたりナットが緩んでいる箇所を発見したら修復しましょう。
全ての箇所でお湯が出ない時は、ガス栓や給水栓が正しく開いているか確認してください。
それでも解決しなければ給湯器の不具合の可能性がありますので、メーカーに問い合わせるか修理業者に依頼し修理か交換が必要になります。
Q追い焚きができません。
A追い焚きができない時は、追い焚きポンプ内でのトラブルか給湯器の故障のどちらかの可能性が高いです。
蛇口から設定した温度が出るかを確認し、正常にお湯が出なければ給湯器の故障が考えられます。
浴槽のお湯を循環させるタイプの場合は、浴槽の湯量が足りていないかもしれません。お湯が必要量溜まっていないと空焚きする危険があるため自動停止機能が働いています。
また、フィルターに汚れが溜まっているとお湯の循環が悪くなり追い焚きが作動しないことがあります。
Qお湯の温度が安定しません。
Aシャワーや蛇口などから出るお湯の温度が安定しない時は、冷たい水がお湯とお湯の間に挟まった状態で流れてくる冷水サンドイッチ現象が原因です。
これは、シャワーを止めた時に溜まった水が温められお湯になり、シャワーを出すとその温められたお湯が出てくるのですが、温まりきらなかった分はそのまま水として流れてくるためです。
この場合、Q機能が付いている給湯器に交換するとこの現象はほとんど起こらなくなります。
また、使い始めになかなかお湯が出てこないのは配管の距離が長く、流れてくるまでにお湯が冷めてしまうためです。
Q給湯器から煙や異臭が出ています。
A給湯器から黒い煙が出ている時は、不完全燃焼を起こしている可能性がありますので、業者に修理か交換を依頼しましょう。
白煙は、水蒸気が白く見えている可能性が高いですが、状況によっては点検の必要があります。
硫黄のような匂いやガス臭がする場合は給湯器の不具合やガス漏れを起こしているかもしれません。メーカーやガス会社に連絡し対応を仰ぎましょう。
こげ臭い時は、給湯器を組み立てた時の機械油が燃焼していることがあります。
しばらく使い続けても臭うようであれば点検をしてもらいましょう。
Q給湯器から異音がします。
A給湯器から笛のような音がする場合は、空気とガスのバランスが乱れていたり部品が不具合を起こしている可能性があります。修理か交換が必要かもしれません。
モーター音やファンの回転音がする時は、給湯器が作動している音です。運転を終了後も、すぐに再始動できるように5分程度動き続けています。
ボンッと小さな爆発音が聞こえた時は、給湯器が不完全燃焼を起こした可能性があります。電源を落とし、点検を依頼しましょう。

給湯器の水漏れ・トラブル修理に関するお客様の声

これで寒い時期も乗り越えられそうです!新潟県新潟市在住 佐藤様
給湯器が壊れたのか大量に水が漏れていたので、水のトラブルサポートセンターさんに依頼しました。すぐに対応してくれて、かなり助かりました。寒さも乗り越えられそうです。

給湯器の水漏れ・つまり原因

給湯器でも水漏れ・つまりが起こります。給湯器自体が様々な部品でできているので、原因を特定するのが難しいです。しかし、大まかな原因はわかると思うので把握するようにしましょう。

給湯器内部の故障

給湯器には様々な部品があります。部品が劣化・損傷するだけで給湯器は故障して水漏れ・つまりが起こります。パッキンやホースなど他の箇所でも使われている部品もあれば安全弁や逃し弁と呼ばれる弁が故障することでも水漏れが起こります。



給湯器そのものが原因の場合は内部の部品が劣化・損傷していると予想できます。ただし、そこから先は分解しないとわからない場合もあるので業者にお任せしましょう。

給排水のホースや接続部の故障

給湯器とホースの接続部が原因となって水漏れ・つまりが起こることもあります。ナットが緩んでいる、パッキンの劣化、ホースの劣化・損傷などが挙げられます。水漏れしている箇所を確認してどの部品が故障しているかを把握しましょう。



また、室内給湯器で浴槽や蛇口に直接取り付けられている方式の場合は浴槽・蛇口の損傷によっても水漏れを起こす場合があります。接続部分や取り付けられている部品も確認してみましょう。

給湯器の水漏れ・つまりの直し方

給湯器の水漏れ・つまりはほとんどが業者に依頼するもので自分で行うことは難しいでしょう。なぜなら、給湯器の構造が複雑なので素人にはよくわからないからです。ただし、自分で直せる故障もあるのでチェックしておきましょう。

自分で直せる給湯器の水漏れ・つまり

給湯器と蛇口や浴槽などの接続部分がきちんと接続されていない事による水漏れ・つまりは他の蛇口の修理とほとんど変わりません。緩んでいるナットを締め直したり、パッキンを交換することによって修理する事ができます。



給湯器内部でもナットの緩みやパッキンの劣化による水漏れが起こります。自分で修理する事ができますが、給湯器を分解して直すことになるので、故障箇所や原因の把握は難易度が上がります。

業者に依頼する給湯器の水漏れ・つまり

給湯器内部から水漏れが起こっている場合はほとんど業者に依頼した方が良いでしょう。特に安全弁など給湯器独自の部品が故障している場合は一般の方には難しいです。また、パッキンの劣化でも給湯器内部は複雑なのでお任せした方が良いでしょう。

給湯器の水漏れ・つまりの業者

給湯器の水漏れ・つまりを依頼する業者はどのように選んだら良いのでしょうか。精密な機器だけに信頼できる業者でないとさらに悪化してしまう可能性もあります。ポイントを押さえた上できちんとした業者を選びましょう。

作業前に見積もりを提示して説明を行う

水漏れ・つまりの工事前には必ず見積もりを提示してもらい説明を受けるようにしましょう。この見積もりの提示や説明をきちんと行わない業者には依頼しないほうが良いのです。なぜなら事前に提示しないと業者の言い値になってしまう可能性があり、高額請求をされる事があるからです。



特に給湯器は丸ごと交換だと価格がかなり高いので、本当は交換が必要ないのに交換させようとする業者がいます。修理箇所と修理方法についてきちんと説明を受けたのちに、自分で交換の必要がないかもしれないと思った時には他の業者に依頼してみるのも一つの方法です。

クーリング・オフを明示している

水漏れ・つまりの工事はクーリング・オフを行う事ができます。条件は以下の二つです。


・契約書を交わしてから8日以内
・自宅など営業所以外で契約を結んだ場合

特に給湯器を交換した時にはクーリング・オフの説明がきちんとあるはずです。ない場合はトラブルの元となるので質問しましょう。怪しいと思ったらその業者には依頼せずに他の業者に来てもらった方が良いです。