ポンプの水漏れ・つまり、即日修理します!お見積り0円 出張費0円 深夜割増0円

\おかげさまで累計対応件数100万件突破/
「お急ぎの方はお電話ください!」水漏れ・つまり・修理お電話一本ですぐにお伺いします!通話料無料 0120-882-333【受付時間】24時間365日対応|お見積り0円・出張費0円・深夜割増0円
「お急ぎの方はお電話ください!」水漏れ・つまり・修理お電話一本ですぐにお伺いします!通話料無料 0120-882-333【受付時間】24時間365日対応|お見積り0円・出張費0円・深夜割増0円
「WEB限定割!」最大3,000円割引 詳細はこちら

井戸水から生活用水を汲み上げている場合、ポンプが水漏れ・つまりを起こすと家中の水が使用できなくなり大問題となります。逆に言うと全ての水道の流れが悪くなったらポンプの水漏れ・つまりを疑ってすぐに業者に修理を依頼しましょう。

ポンプの水漏れ・つまりの原因
ポンプの水漏れ・つまりはポンプやホースとの接続部分が損傷することが原因のほとんどです。原因としては主に次の2つが挙げられます。

・経年劣化
・凍結や自然災害による損傷

経年劣化は避けられないものなので、定期的にメンテナンスを行って早期発見・予防することが重要です。ポンプが故障してしまうと修理が完了するまで家中で水を使用する事が困難になるので、メンテナンスは必ず行うようにしましょう。

凍結による損傷は寒い地域で起こりうる現象です。多くの場合、ポンプには電気によって凍結防止の熱源がつけられています。しかし、この熱源を切ってしまうと凍結してしまうのです。寒い地域の場合は冬必ず電源を切らずに凍結しないようにしましょう。

ポンプの水漏れ・つまりの修理
ポンプの水漏れやつまりの修理・交換は一般の方には難しいものです。業者に修理を依頼しましょう。

ポンプで水漏れ・つまりが起こっていることは一見して気づきにくいものです。原因を把握することが大事なので、普段のメンテナンスを怠らず家全体の水の流れが悪くなった時はすぐにポンプの水漏れ・つまりを疑いましょう。

ポンプの水漏れ・つまり修理内容

警報が鳴っている。(エラーランプが点いている。)

8,000円〜
調査作業にかかる費用となります。

受水槽が満タンである。(正常に排水されていない。)

8,000円〜
調査作業にかかる費用となります。

選べるお支払い方法

急なトラブルでの支払いにも安心してご利用頂きたく、各種クレジットカード払いや後払い、銀行振込、PayPayでの支払いに対応しております。

各種クレジットカード払い
後払い
モバイル決済(PayPay)
その他
現金支払い
銀行振込

ご相談から作業完了までの流れ作業の流れの詳細はこちら

ご相談からお見積りは無料です!※キャンセルの場合も、費用は発生いたしません。

  • 1
    ご相談
    水トラブルのことなら何でもご相談ください!
  • 2
    現場調査
    専任のスタッフが現場を調査させて頂きます。
  • 3
    お見積り
    現場調査を元に、お見積り額を算出し、ご提示させて頂きます。
  • 4
    作業開始
    お見積りにご納得頂きましたら、ご契約となり、作業を開始させて頂きます。
  • 5
    作業完了
    作業完了後、作業費用のお支払いをお願い致します。

ポンプの水漏れ・つまり修理に対応しているエリア

※一部対応できないエリアがあります。
※随時対応エリアを拡大しております。詳しくはお問い合わせください。

ポンプの水漏れ・つまり修理に関するよくあるご質問

Qポンプを空回転させてしまいました。ポンプが勝手に空回転しているのに気がついた時、どうしたら良いでしょうか?
Aポンプの空回転に気づいた時は、すぐに回転を止めて熱が冷めるのを待ちましょう。
この時、気づいた後に液体を入れて空回転に対処しようとすると、想定外の温度変化にポンプ内部のパーツが耐えられなくなり、ポンプ内にクラックが入り故障します。
ポンプが温度や圧力を急上昇させている時に冷たい液体が入り被害が及ぶことをヒートショックと呼びます。
Qポンプから異音がします。
Aポンプから異音がした場合、音の鳴っている箇所を探します。
モーター部分から異音がしている時は、モーターのベアリングやグロスがなくなっていたり、ボールが錆びている可能性があります。
修理できそうであればパーツを交換したり潤滑油を補充しましょう。
ポンプ部分から異音がする場合は、羽根車がマウスリングに当たってしまっているか、異物が混入しているかもしれません。
ポンプを分解できれば分解し、調整したり異物を取り除きましょう。
Qポンプの電源がつかなかったり、ブレーカーが落ちたりと電気系統に不具合が見られます。
Aポンプの電源を入れるとブレーカーが落ちてしまう場合は、基盤内に虫などの異物が侵入したり、モーターが劣化しているかもしれません。
起動しない時は、モーターロックされているか、リセットボタンが働いている可能性があります。
復旧後に使用できれば一時的なものですが、何度もリセットされる場合には業者に依頼し点検してもらった方が良いでしょう。
Q水が出ません。すぐに水切れを起こしてしまいます。
A受水槽の水を切らしている可能性があります。
受水槽が確認できなければ吸水管のバルブを確認し、正常に調整しましょう。
水を入れることができれば、水が溢れる量を入れてポンプ内の空気を追い出します。
ポンプ内に空気が残っていると羽根車が空回りし、水が出ないことがあります。
また、ポンプが正しく機能していない可能性があります。
ブレーカーを確認し、電気がきているか見てみると良いでしょう。
Qポンプの回転が止まらなくなりました。
Aポンプのモーターが加熱している可能性があります。
出てくる水が熱湯になっていないでしょうか。
この状態を放置すると、加熱により部品が変形し引き上げができなくなる場合があります。
また、電気料金が上がったり二次災害へと繋がりますので、なるべく早く業者に修理を依頼しましょう。トラブル回避方法としては、使用していない時は電源を切りましょう。
ただし、ジェットポンプの場合は水漏れを起こしている可能性があるため電源は切らない方が安全です。

ポンプの水漏れ・つまり修理に関するお客様の声

田舎なので直って助かりました。福井県勝山市在住 丸井様
田舎なこともありポンプを使っていたのですが、それがいきなり壊れてしまったのか、警報が鳴りやまなくなりました。もうどうしようもなくなりましたので、急いで水のトラブルサポートセンターさんにお願いしました。
すごく丁寧に早く直してもらったので、助かりました。

ポンプの水漏れ・つまり原因

井戸のポンプも劣化や損傷によって水漏れやつまりを起こします。井戸ポンプが故障してしまうと家全体の水が使えなくなってしまうので、早急に原因を把握した上ですぐに修理するようにしましょう。

ポンプ自体の劣化・損傷

井戸ポンプは長年使用していると劣化していきます。ポンプが劣化するとひび割れが起こってしまう事で水漏れが起きてしまいます。また、凍結によってもポンプのひび割れや故障が起こります。特に寒い地域の場合は凍結しないように対策を施しておいてください。

ポンプの接続部の劣化・損傷

ポンプと給水管の接続部が劣化・損傷する事でも水漏れやつまりが起きます。ネジが緩んでいる、パッキンが劣化しているなどが主な原因となります。接続部を見てみると何が故障の原因かがわかるはずです。



また、給水管の配管自体が劣化・損傷している事もあります。どこから水漏れが起きているかを確認すれば故障箇所がわかるので、配管なのか接続部なのかを確認しましょう。

ポンプの水漏れ・つまりの直し方

ポンプの水漏れ・つまりは業者に直してもらう事がほとんどです。特に配管やポンプ自体の故障は自分で修理できないので必ず業者に依頼してください。ただ、軽い修理であれば自分でできるものもあるので整理していきましょう。

自分で修理できる水漏れ・つまり

ポンプやタンク、給水管との接続部分のネジやナットが緩んでいる事があります。これは締め直すだけなので自分で修理する事ができます。また、接続部分のパッキンが劣化している場合もパッキンの交換のみであれば自分で修理する事が可能です。ただし、給水やポンプを一度止めなければいけない時は業者に依頼してください。

業者に依頼する水漏れ・つまり

ポンプがひび割れした時や給水管の配管がひび割れした時はポンプや配管を交換する必要があります。管の交換は自分で行うことは難しいので業者にお任せしましょう。ポンプの電気を止めて水を完全に止めた上で交換を行います。きちんとした修理とその後の接続をしないと水漏れ・つまりが直らないので自分では行わないでください。



ネジやナットの緩みを締め直す場合も自分で行うのが不安な場合は業者にお任せしましょう。井戸ポンプは家全体の水を使う上で非常に重要な箇所です。きちんと修理しないといつまで経っても水が使用できないので、業者に依頼してすぐ直してもらった方が良いです。

ポンプの水漏れ・つまりの業者

ポンプの水漏れ・つまりを修理する時はどのような業者が良いのでしょうか?井戸ポンプは家全体の水を給水している重要な箇所なので確実に迅速に対応してくれる業者を選びましょう。ここからは業者選びのポイントをご紹介します。

地元エリアの業者に依頼する

水漏れ・つまりは迅速な対応が重要となりますが、井戸ポンプの水漏れ・つまりは特に迅速な対応が必要となります。井戸ポンプが直らない限り家全体で水を使用する事が出来なくなるからです。



地元エリアであればすぐに対応してくれるので、直るまでも早いでしょう。また、一度直った後に違う箇所が故障してしまった際にも事情をわかっている業者であればスムーズに工事を行ってくれます。まずは地元エリアの業者を探してみましょう。

PL保険(工事ミスによる賠償責任を業者側が保険で原状復旧負担する)に加入し ている業者であること

水漏れ・つまりを修理する段階で万が一工事ミスが起こった場合にどちらが責任を取るかはトラブルの元です。PL保険に業者が加入していれば確実に業者が負担してくれるので、安心してお任せする事が出来るでしょう。