2019.09.10スタッフブログ

トイレ詰まりの対処法と、正しいラバーカップの使い方

いつも水のトラブルサポートセンターをご利用頂き有り難うございます、代表責任者の木原です。
本日は、トイレが詰まってしまった時の対処法についてお話をさせて頂きます。

自宅のトイレが何らかの理由でつまってしまった場合に皆様はどの様な対処をするでしょうか?

トイレの詰まりの原因で一番多いのが、トイレットペーパーなどのペーパー類を大量に流すことによって発生する詰まりです。
特に、小さいお子様がいる家庭では、おもしろがってトイレットペーパーをたくさん引き出し、流してしまうことが度々あります。水に溶けないティシュペーパーを使うのも詰まりの原因の一つになります。
固形物の詰まりでは、携帯やおもちゃなどを落として、知らず知らず流してしまった場合に起こります。
この固形物が排水部分に引っ掛かり、ペーパーなどがからまって詰まるので、落としたら必ず拾って流さないようにしてください。

 

トイレのつまりを直す時、ラバーカップを使用するかと思いますが、ラバーカップにも正しい使用方法がございます。
むやみにパコパコと、押すのも引くのも両方ともに力を入れる人が多いようですが、それでは効果がありません。押しつけるときは、ゆっくりグーッと、そして引き上げるときに、強く力を入れるのがコツです。
ラバーカップ使用の際には一つ注意点がございます。水がない状態でラバーカップを使用しても効果はありませんので、水が引いていたらバケツなどで水を入れ、ラバーカップの上ぐらいまで水をためてから作業を始めてください。もちろん詰まってしまって水がたまっているのならば、そのまま開始して大丈夫です。   

何故水を足す必要があるのかと言うと、水があるからこそ、水が吸引されて詰まった部分がとれる場合があるからです。
水がない状態は真空ではないので、詰まりを動かすことができませんので…。

もし、ラバーカップの使用で詰まりが直ったと思っても、すぐにタンクのハンドルを回して流さないように注意をお願いします。
詰まりが直っていなかった場合、ハンドルをまわして水を流すと便器の水の水位が上がってきて、あわててしまうことになりますので、必ずバケツなどで水を流して確かめながら流すようにしてください。

ラバーカップを使用すれば詰まりが改善する可能性もありますが、使い方を間違えば詰まりの悪化につながってしまうので、自分で手に終えない状況になりそうな場合は早めに水道局指定業者にご連絡をお願い致します。

 

トイレ キッチン お風呂  洗面所

つまり・水濡れは
水のトラブルサポートセンターへ

関西・関東・中部・九州・北陸・中国・北海道

https://www.mizu-support.com/

0120-300-330