流すだけできれいに!自家製トイレ洗浄剤の作り方

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日のトイレ掃除、できるだけラクにしたいものですよね。特に、便器の中をのぞき込んだときに目に入る輪染み、通称“サボったリング”は難敵で、こまめに掃除していてもすぐに汚れが付着してしまいます。

 

そこで今回は、流すだけで便器の中をきれいにしてくれる「自家製トイレ洗浄剤」の作り方をご紹介しましょう。

環境にもやさしい重曹とクエン酸はトイレ掃除に抜群の効果を発揮

市販のトイレ用洗剤を使用している家庭が多いかと思いますが、安価で購入できる重曹とクエン酸を使えば、自宅で簡単にトイレ洗浄剤を作ることができます。重曹もクエン酸も天然素材ですので、家計はもちろん、環境にもやさしいのが特徴です。

 

重曹は、便器にこびり付いたカビやぬめりを分解する作用に加え、研磨作用も持ち合わせているため、汚れを細かい粒子で削り落としてくれます。また、クエン酸には水アカや尿石を分解する作用をはじめ、雑菌の繁殖を防ぐ抗菌効果や、尿のアンモニア臭を中和する消臭効果も。どちらもトイレ掃除には抜群の効果を発揮します。

 

この重曹とクエン酸で自家製トイレ洗浄剤を作ってみましょう。

とっても簡単!自家製トイレ洗浄剤の作り方

【用意するモノ】
・重曹カップ1
・クエン酸カップ1/2
・アロマオイル数滴(無くても可)
・水または消毒用アルコール適量(※消毒用アルコールを使用すると殺菌効果が倍増)
・ボウル
・トレーまたはクッキングシート

 

【手順】
1.ボウルに重曹とクエン酸、アロマオイルを入れ混ぜます(アロマオイルは香り付けですので、無くても構いません)。

 

2.そこに水または消毒用アルコールを少しずつ入れ、手で掴めるくらいの硬さにします。このとき、水または消毒用アルコールを入れすぎると固まるのが遅くなりますので、少しずつ入れてください。化学反応で発泡して炭酸ガスが発生しますが、有害なものではありません。

 

3.次にトレーまたはクッキングシートの上に、大さじ2くらいの量で丸めた洗浄剤を並べていきます。シリコン製のお菓子の型に入れると取り出しやすく、かわいい形の洗浄剤になるのでおすすめです。

 

4.半日乾燥させたら完成。出来あがった洗浄剤は、乾燥剤を入れた瓶など密閉容器で保存してください。

 

使用方法は、2~3日に洗浄剤をひとつ便器に入れるだけ。しばらく置いてから流せば、便器の汚れが除去されます。また、流すたびに排水口もきれいになるため、詰まりや臭いも防ぐことができますよ。なお、すでに汚れがこびりついている場合は便器に洗浄剤を入れた後、ブラシを使って汚れをこすり落としてください。

 

※クエン酸はハイターなどの塩素系洗剤と混ぜると有毒ガスが発生します。洗浄剤を便器に入れる際は絶対に一緒に使用しないでください。

自家製洗浄剤を使って、毎日のトイレ掃除をラクにしよう!

ちなみに、この自家製トイレ洗浄剤は、トイレだけでなく、自宅の排水口掃除にも活用できます。

 

洗浄剤を入れて流すことを習慣にすれば、輪染みの付着しない綺麗な便器を維持することができるでしょう。入れて流すだけできれいになる自家製洗浄剤を使って、毎日のトイレ掃除をラクにしてくださいね。

 

筆者:中西直美/片付けアシスタント
平成25年、日本ハウスクリーニング協会にて整理収納清掃コーディネーター1級、認定セミナー講師を取得。平成27年3月、片付けアシストNaro(なろう)を立ち上げ、片付けアシスタントとして活動を開始。大阪を拠点に整理収納サービス、片付けや掃除に関するセミナー・講演を展開し、収納商品の企画開発にも携わる。整理収納サービスでは、本当に必要なモノだけを残し、モノを限界まで減らす片付け術で、散らかった部屋も快適な空間へと劇的に変化。また、風水を取り入れた運気アップの片付け術も好評。平成28年、関西テレビ放送「よ~いドン!」にも出演。■HP:http://kireini-naro.com/

水のトラブルサポートセンター 24時間受付 0120-300-330 詳しくはこちら
  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加