もしもトイレが詰まったら?詰まりを解消する対処法

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もしもトイレが詰まったら……?

 

きっと焦りますよね。すぐに何とか対処しないと、トイレの床が水浸しになってしまうかもしれません。

 

自宅のトイレが詰まってしまったら、どのように対処すれば良いのでしょうか?

最も多いのがトイレットペーパーや便による詰まり

まず、トイレが詰まる原因を知っておきましょう。詰まりの原因は大きく分けて2つあります。

 

1. トイレットペーパーや便
最も多いのがトイレットペーパーや便による詰まりです。通常なら流れていきますが、あまりにも量が多いと排水管につながるS字箇所で詰まってしまいます。

 

2. ペンやおもちゃなどの固形物
着脱の際、ズボンのポケットに入っていたペンやライターなどをトイレに落として詰まらせてしまうケースです。小さな子どもがいる家庭では、子どもが興味本位でおもちゃをトイレに流してしまうこともあります。

トイレ詰まりを解決する「ラバーカップ」。ゆっくりと押し込み、勢い良く引き戻す

これらが原因のトイレ詰まりを手早く解決するのに役立つのが「ラバーカップ(スッポン)」。上記いずれの詰まりにも効果的です。

 

トイレが詰まったら、ラバーカップを使用する前にトイレの状態を確認しましょう。汚水が便器一杯になっている場合は、ラバーカップのゴム部分が排水口に浸かるくらいの水位になるまで紙コップなどで汲み出してください。そして、詰まりを解消する際に汚水が飛び散ることがあるので、便器のまわりには新聞紙やビニールシートなどを敷き、止水栓は閉めておきましょう。

 

この準備が完了したら、ラバーカップを使って詰まりを解消していきます。トイレの排水口にラバーカップを“ゆっくりと”押し込み、勢い良く引き戻してください。勢い良く押し込んでしまうと、固形物が原因で詰まっている場合、奥に固形物が流れ込んでしまって、排水口より先にある排水管で詰まる可能性があります。そうなってしまうと、自分自身では取り出すことはできません。

 

また、トイレットペーパーや便が原因で詰まっていた場合、詰まりが解消されたとしても、すぐに止水栓を開くのではなく、バケツに水を入れて少しずつトイレに流してみてください。スムーズに水が流れていくようであれば、完全に詰まりが解消された証拠。止水栓を開き、ハンドルを回しても問題ありません。

 

なお、固形物が原因で詰まっている場合は、ラバーカップ以外でも解消することができます。それは、重曹とお酢、お湯を使う方法です。

 

汚水が便器一杯になっている場合は汲み出しておき、トイレの排水口に重曹カップ1/4、お酢カップ1/2を入れ、その上からお湯を注いでください(熱湯は便器を損傷する可能性があるため、熱すぎないお湯を使用してください)。化学反応で排水口が泡立ってきますが、この泡立ちにより詰まったモノを緩めて詰まりを解消してくれます。1時間ほど放置しておきましょう。

自分でトイレの詰まりを解消できないときは専門業者に相談を

トイレの詰まりを予防するには「大量にトイレットペーパーや汚物を流さない」「トイレに流してはいけないものを流さない」といったことが大切です。

 

とはいえ、それでもトイレが詰まってしまうことはあるでしょう。そんなときは上記の解消方法を試してみてください。

 

ただ、自分で詰まりを解消できないときは、決して無理にラバーカップを押し込んだりせず、専門業者に相談するようにしましょう。

 

筆者:中西直美/片付けアシスタント
平成25年、日本ハウスクリーニング協会にて整理収納清掃コーディネーター1級、認定セミナー講師を取得。平成27年3月、片付けアシストNaro(なろう)を立ち上げ、片付けアシスタントとして活動を開始。大阪を拠点に整理収納サービス、片付けや掃除に関するセミナー・講演を展開し、収納商品の企画開発にも携わる。整理収納サービスでは、本当に必要なモノだけを残し、モノを限界まで減らす片付け術で、散らかった部屋も快適な空間へと劇的に変化。また、風水を取り入れた運気アップの片付け術も好評。平成28年、関西テレビ放送「よ~いドン!」にも出演。■HP:http://kireini-naro.com/

水のトラブルサポートセンター 24時間受付 0120-300-330 詳しくはこちら
  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加