いつもトイレを爽やかに!しつこい臭いを元から撃退する対策

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅のトイレ、掃除しているのに臭いが消えない……。そんなことはありませんか?

 

もしかしたら、臭いの原因を見逃しているかもしれません。それに、トイレ掃除の仕方を間違っている可能性も。

 

今回は、しつこいトイレの臭いを元から撃退する対策をご紹介します。

見逃しがちなトイレの臭いの原因TOP5

1.便器の内側
便器の内側の黄ばみは、排泄物の尿酸・リン酸が水中のカルシウムイオンと結びついたものです。放置すると、臭いの原因に。便器の黄ばみや水との境目の水位線、フチ裏もトイレ用洗剤で丁寧に掃除しましょう。

 

また、便座と便器のつなぎ目も汚れが付きやすい場所です。掃除が行き届かないと、臭いの元に。隙間の掃除には、プラスチックヘラの代わりに使用済みのカードに古布を巻き付け、トイレ掃除用除菌スプレーを吹き付けて掻き出すように掃除しましょう。

 

2.トイレの壁と床 
男性が家族にいる場合は、壁と床に尿が飛散しています。壁と床は、トイレ掃除用の除菌シートで忘れずに拭きましょう。

 

3.便器と床の隙間
便器と床の隙間は、汚れがたまりやすい見逃がしがちな場所です。プラスチックヘラに古布を巻き付け、トイレ掃除用除菌スプレーを拭きかけて、隙間をこするように掃除しましょう。細かい汚れを取り除くことで、嫌な臭いの発生を防ぐことができます。

 

4.サニタリーBOX 
サニタリーBOXの中を洗剤で洗いましょう。よく乾かしたら、除菌スプレーを。スプレーが乾いた後、最後に重曹をひと振りすると消臭できます。

 

5.トイレのスリッパ
トイレのスリッパは、足の汚れと飛散した尿の汚れで臭いの原因に。こまめに洗うことが、臭いの撃退につながります。

手作りの「アロマ消臭芳香剤」で爽やかなトイレに!

しつこい臭いを元から除去してトイレをキレイに掃除したら、爽やかさをキープしたいですよね。そこで役立つのが、簡単に作れる「アロマ消臭芳香剤」です。

 

重曹の消臭効果で嫌な臭いをカットできるだけでなく、アロマの香りでトイレは爽やかに。手作りのアロマ消臭芳香剤はコストパフォーマンスが良く、家計にやさしいのも嬉しいところです。

 

【用意する物】
・口の広い空きビン
・重曹50g
・ペパーミント、レモン、ティートリーのアロマオイル(殺菌作用のあるアロマオイル)

 

【作り方】
1.空きビンに、重曹50gを入れます。
2.そこに、ペパーミント、レモン、ティートリーのアロマオイルを合わせて5~8滴ほど落とします。

 

これだけでアロマ消臭芳香剤の完成です。香りの強弱は、調整してください。2週間くらいで香りは薄まってきますが、アロマオイルを足せば継続して使えます。また、重曹が湿気を吸って固まってきたなら、そのままタンクの水受けや便器の中を磨くのに使えるため、ムダがありません。

こまめな掃除は水回りのメンテナンスにつながる!

トイレを爽やかに保つには、ちょっとしたケアを続けることが大切です。こまめな掃除は、トイレの水漏れや故障のチェックにもなり、水回りのメンテナンスにもつながりますよ。

 

筆者:高橋和子/掃除コンサルタント
整理収納・家事代行を手掛ける「フェリシア ラボ」代表。主婦歴25年の経験と、8回の転勤と10年間の両親の介護経験を生かして、女性の目線で「きれい収納」を提案。整理収納とエコ掃除術で日常生活をサポートしている。平成24年9月、一般社団法人日本エグゼクティブプロモーター協会を設立。整理収納・片付けの資格講座を開講中でリカレント(生涯学習)教育の推進している。テレビや新聞など、メディア出演実績も多数。■HP:http://felicia-lab.jp

水のトラブルサポートセンター 24時間受付 0120-300-330 詳しくはこちら
  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加