トイレ(便器)のリフォーム工事価格事情

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

より快適で清潔な空間を目指して、トイレのリフォームを検討中の方。どのくらいの金額をかければ、どのくらいのリフォームが可能なのか、気になるところではないでしょうか?一口にトイレのリフォームといっても、便座を付け替えるだけなのか、便器自体を新しいものに交換するのか、和式を洋式に交換するのか、それぞれのパターンでリフォームに必要な費用が大きく変わってきます。一般的なトイレリフォームでは、どのようなリフォームでどれくらいの費用がかかるのかを確認してみましょう!

 

工事費用と機器代金で決まるリフォーム費用!

トイレのリフォーム費用は、便座・便器・手洗いカウンターなどの機器代金とそれらを設置するための工事費用の合計で計算されます。以下に簡単なトイレリフォームの事例と費用をご紹介。トイレリフォームを検討中の方は、参考としてお役立てください!

 

・便座のみ交換

洋式トイレの便座を脱臭・暖房・温水洗浄機付きの便座に交換するリフォームは、約5~10万円で行えます。内訳は、便座が3~8万円、設置の工事が1~2万円程度。トイレリフォームの中でも最も安価で行えます。トイレ内にコンセントがない場合は、コンセント設置工事で約2~4万円ほど加算されます。

 

・便器と便座の交換、内装のリフォーム

旧式の洋式便器を、脱臭・暖房機能と温水洗浄機付きの便器に交換して、床や壁のリフォームを加えると約25万円の費用が必要です。内訳は、便器代が約15万円、便器の交換・設置工事、内装の工事費用が約10万円です。一般的なトイレは0.5坪といわれていますが、坪数が増えるとその分内装のリフォーム費用が加算されます。

 

・タンクレス便器・内装のリフォームと手洗いカウンターの設置

タンクレス便器と内装、手洗いカウンターの設置などを行った場合、60万円程度のリフォーム費用が必要になります。内訳は、タンクレストイレと手洗いカウンター合わせて約30万円、内容と工事設置費用が約30万円。グレードによって差がありますが、約60万円でゆったりくつろげるトイレリフォームが可能です。

 

・和式便器から洋式便器に。内装と手洗いカウンターを付けるリフォーム

和式トイレにもさまざまな形式があり、工事費用にバラつきがあります。解体・配管・便器の取り付け、コンセントの設置、内装など、和式から洋式に変更する基本的な工事で約30万円の工事費用が必要です。便器と手洗いカウンターを設置すると、合わせて約20万円。約50万円で和式から洋式へのリフォームが可能です。全体のグレードを落とせば、もう少し費用を抑えることもできるでしょう。

5~60万円まで。バリエーション豊かなリフォーム価格

便座の交換のような簡単リフォームで約5万円、和式から洋式に変更して手洗いカウンターを付けるような大掛かりなリフォームで約50~60万円。トイレリフォームにかかる費用は、どこまでリフォームするかによって大きく変わります。ここでご紹介した事例と費用を参考に、どのようなリフォームをするか、どれくらいの費用をかけるかを検討してみましょう!

水のトラブルサポートセンター 24時間受付 0120-300-330 詳しくはこちら
  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加