食器洗浄機を長く清潔に使うための毎日のお手入れ方法

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロボット掃除機、全自動洗濯乾燥機とともに「新三種の神器」とも呼ばれている「食器洗浄機」は、現在多くの家庭で利用されています。家事にかける時間を減らせる「時短家電」としても人気で、食事の後の面倒な洗い物を省略できるのはうれしい限り。

 

そんな食器洗浄機を長く清潔に使うためには、毎日のお手入れが欠かせません。そこで今回は、食器洗浄機のお手入れ方法をご紹介します。

食器洗浄機の汚れを放置すると、食器にカビや雑菌が付着するかも!?

「食器を洗う食器洗浄機は、使用する度に洗浄されて清潔なはず!」と思っていませんか?すばり、これは間違い。食器洗浄機は、使用する度にどんどん汚れが溜まっているのです。

 

そのため、しっかりとお手入れをしておかないと、食器洗浄機の劣化や予期せぬトラブルにつながることも。

 

特に、食べかすなどの残菜を集める「残菜フィルター」は、使用後に小まめに掃除しておかないと、カビや雑菌が発生し嫌な臭いの原因に。そのまま放置しておけば、カビや雑菌が食器に付着したりして、不衛生極まりない状態になってしまいます。

「残菜フィルター」を小まめに掃除し、1~3か月に1度のペースで超簡単クエン酸洗浄を

食器洗浄機のお手入れで最も重要なのが、先に挙げた「残菜フィルター」です。使用後に掃除しておけば、カビや雑菌の繁殖を効果的に抑えることができます。

 

フィルターを取り外し、溜まっているゴミを取ってから、流水ですすぎながら汚れを落とします。細かい汚れは、スポンジや歯ブラシなどを使用すると取り除きやすいでしょう。

 

残菜フィルターを掃除したら、食器洗浄機を乾燥させます。電気代が気になるかもしれませんが、カビや雑菌は熱に弱いため「乾燥機能」を積極的に使用してください。

 

最後に、超簡単なクエン酸洗浄で仕上げ。

 

1.食器洗浄機の洗剤投入口に、クエン酸(大さじ3杯)を入れます。

 

2.食器洗浄機の「お手入れ機能」で洗浄。「お手入れ機能」は、高温の蒸気を噴出し、汚れを浮かして除去します。「お手入れ機能」がない場合は、最も長い洗浄時間のコースを利用してください。

 

このクエン酸洗浄は、1~3か月に1度のペースで実施しましょう。

食器洗浄機は、毎日のお手入れによって衛生管理ができる

食器洗浄機は、毎日のお手入れによって衛生管理ができます。

 

「掃除こそ一番のメンテナンス」と心得て、ちょっとした手間を惜しまないことが清潔な暮らしを手に入れる近道です。

 

筆者:高橋和子/掃除コンサルタント
整理収納・家事代行を手掛ける「フェリシア ラボ」代表。主婦歴25年の経験と、8回の転勤と10年間の両親の介護経験を生かして、女性の目線で「きれい収納」を提案。整理収納とエコ掃除術で日常生活をサポートしている。平成24年9月、一般社団法人日本エグゼクティブプロモーター協会を設立。整理収納・片付けの資格講座を開講中でリカレント(生涯学習)教育の推進している。テレビや新聞など、メディア出演実績も多数。■HP:http://felicia-lab.jp

水のトラブルサポートセンター 24時間受付 0120-300-330 詳しくはこちら
  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加