黒ずんだ洗面所の壁をきれいに戻す簡単掃除術

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅の洗面所の壁、黒ずんだまま放置していませんか?手を洗ったり歯を磨いたりする洗面所だからこそ、見た目も清潔感を保ちたいもの。

 

そこで今回は、黒ずんだ洗面所の壁をきれいに戻す簡単掃除術をご紹介します。

洗面所の壁の黒ずみの正体

洗面所の壁の黒ずみは、ただの手垢や汚れではありません。

 

その正体は、カビなどの雑菌。

 

隣の浴室から温かい空気が流れ込む洗面所は、そもそも湿度が高く湿気が多いため、カビなどの雑菌が繁殖しやすい傾向にあります。そのうえ、水垢や飛び散った磨き粉、衣服の着脱で舞うホコリなど“エサ”が豊富にあれば、カビにとって嬉しい環境に……。

 

そして気づけば、雑菌だらけの黒ずんだ壁になってしまうのです。

天然素材を活用し、黒ずんだ洗面所の壁をきれいに戻す

黒ずんだ洗面所の壁をきれいに戻すには天然素材を活用しましょう。カビ取りといえばハイターなどの漂白剤を使用するのもひとつの方法ですが、洗面所はうがいや歯磨きをしたり、服を脱いだりするスペースです。万が一、身体に触れても支障のない天然素材がおすすめ。なお、以下、ご紹介する方法は、タイル張りと壁紙、いずれの壁にも適用できます。

 

【用意するモノ】
・雑巾
・歯ブラシ
・ビネガー水(お酢:水=1:4)またはクエン酸水(クエン酸5gを水200mlで薄めたもの)
・重曹

 

【掃除手順】
1. 窓や扉を開けて換気する。

 

2. 雑巾にビネガー水またはクエン酸水を含ませ固く絞り、黒ずんだ部分を拭き取っていきます。お酢やクエン酸には除菌・抗菌作用があり、壁にこびりついたカビや雑菌を撃退してくれます。ちなみに、水垢や石鹸カスを落とす作用もありますので、洗面所など水回り全般の掃除には効果てきめんです。

 

3. 雑巾で拭いても取れない黒ずみは、水で練った重曹をペースト状にしたものを歯ブラシに塗布し擦り落としていきます。このとき、洗面所の壁がタイル張りではなく、壁紙の場合は、傷めないように少しずつ力を加えてください。

 

4. 再度、ビネガー水またはクエン酸水を含ませた雑巾で仕上げ拭きをします。抗菌効果でカビなどの雑菌の繁殖を防ぎましょう。

洗面所はカビの温床になりやすい。こまめに換気と掃除を

洗面所などの水回りは、すぐにカビの温床に。換気を心がけるだけでも、カビ防止につながります。また、日ごろからビネガー水やクエン酸水で掃除しておけば、除菌・抗菌作用でカビは付着しにくくなるでしょう。

 

毎朝、気持ち良く1日をスタートできるよう、こまめな換気と掃除で清潔な洗面所を保ってくださいね。

 

筆者:中西直美/片付けアシスタント
平成25年、日本ハウスクリーニング協会にて整理収納清掃コーディネーター1級、認定セミナー講師を取得。平成27年3月、片付けアシストNaro(なろう)を立ち上げ、片付けアシスタントとして活動を開始。大阪を拠点に整理収納サービス、片付けや掃除に関するセミナー・講演を展開し、収納商品の企画開発にも携わる。整理収納サービスでは、本当に必要なモノだけを残し、モノを限界まで減らす片付け術で、散らかった部屋も快適な空間へと劇的に変化。また、風水を取り入れた運気アップの片付け術も好評。平成28年、関西テレビ放送「よ~いドン!」にも出演。■HP:http://kireini-naro.com/

水のトラブルサポートセンター 24時間受付 0120-300-330 詳しくはこちら
  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加